§第7話 投書

その1 正方向では取れません 反対方向では座れません

保険センター  御中
 

               検診で感じたことについて

 昨日の大腸がん検診ではいろいろお世話ありがとうございました。今回
その際の “便のとりかた”について感じたことあり、余計な事と思われる
かもしれませんが、昨年と同じで変更されていない “便のとりかた”の
印刷物をみてあえてこの
FAXをさせていただきます。 この印刷物の右上に
は洋式便器に座る絵があります。たしかにこのように反対向きに座れればよ
いのですが、我家ではウオッシュレットの装置があり座れません。結局小生
は 床に新聞紙1ページを大きく広げトイレットペーパーを敷いて成功しま
した。(このとき小便を漏らさないようトイレットペーパーで押さえたほう
がよい・・・これは言わないでもよい余計なことhi)

恐らく我家のようなウオッシュレットのところも多いと思います。従って
いっそうのことこの便器に反対に座る絵は止め新聞紙方法をあっさり書いて
いただいたほうがよいのではないかと思います。(実は小生、反対に座ろう
として失敗し、少々腰を痛めました。)

以上ですがなにかの参考になれば幸いです。      以上



その2 水道修理工事も建築だと、思いますが

水道部 総務課 御中


 
少々感じたことあり手紙書きました 必要ないこと、おかど違いだなどと
言われるかもしれません。聞き流してもらってかまいません。

 
水道工事の修理仕事につきましては、市の水道組合に度々お世話になってい
ます。毎回的確に処理していただき有難うございます。対応もよく、大概
その日のうちに解決し喜んでいます。先日も雨の中、会所詰まりを腕を汚し
ながら作業していただき見事解決喜んでいます。

本当に有り難く感謝しております。組合の方には喜んでいる旨宜しくお伝え下さい。
 
唯一つ、少々気になっていることがあります。同封の写真を見て下さい。


右の写真は漏水がこの下を走っているビニール管にあり、それを見事見つ
け完全修理していただきました。その後始末の石の並べ方を写したものです。
右の方の逆L字型5個の石は造園士が並べた もともと の形。左端の3個
はこの修理で取り除き、後で修復したもの。この3個はもともとあったのを
使っています。違いははっきりしています。もともとあったようにちょっと
工夫していただければよかったと思いますね。


又、左の写真。コーキングするのにコンクリメントのような接着剤ようの
もので作業してこの汚さ。いただけません。しっかりしたコーキング剤で
あればもう少しきれいに仕上がったと思います。
(但し接着の必要はあったと思いま
す)

水道工事も建築の一部、建築は元来“美”の範疇になると思います。
 
大所高所から修理作業を見直していただき工事する人たちにご指導いただけ
ればもっと快適になると思います。単に技術だけ技術よければすべてよしで
なく、何かその上にもう一つの工夫があればよいのではないかと思い、この
文章を書きました。

まこと、いらんお節介のことを書きました。お許しください。

                            以上


 次へ

     
目次へ

     
TOPへ