§第67話 落としたコンタクトレンズ 

 彼の片方の眼は視力が限りなく零に近いという。
聞いてみると学生時代バイク事故でハンドルのブレーキレバーが眼にあたり視神経を傷つけ
たのだという。見た目には何も分からない。ちゃんと眼は開き黒い瞳がこっちを見ている。
ところがもう一つの頼りにしているよく見えている眼は酷使している為か極端な近視で乱視
もあり、矯正が必要、それも掛ける眼鏡では間に合わないのである。コンタクトである。

 第64話で触れたリクリエイションで社員皆で海水浴に行った。今考えればよく皆の意見が
一致したなと思う。当時は遊びの種類は限られていたし、行き先も数はなかったのである。

 何処の海水浴場か思い出せないが、少しでもきれいな所というのでかなり遠いところへ、
電車で行ったと思う。機嫌良く遊び疲れて昼飯も終わったところで、彼がごそごそ動き回り
だした。

 「何してんねん?」
    「コンタクトレンズを落としたんや」
 「どこへ」
    「ここらへんや」

そこは砂の上である。海岸の砂は広い、色も大きさも無限。コンタクトレンズは透明で極端
に小さい。そこにコンタクトレンズのない彼、こんな悪条件が揃っているのでは「うううう
うんんん」と唸らざるを得ない。

 「皆、一列に並ぼう。ゆっくり歩いて探そう!!!」
やってみたじっくり、歩くこと数分。
 結果は「どないもならん」

 ここで見つかったならばこの話は ”その時・・・”のトップになってただろうが、そうはな
らない。

 視力のない彼は皆と一緒に電車に乗っていた。


次へ

目次へ

TOPへ